「就職したものの、イメージしていた社会人生活とは違った。」「やってみたい事が他に見つかった。」「もっと違った仕事をしてみたい。」
就職して社会に出たものの、就職から数年で転職を考える人も少なくないでしょう。

今の職場・仕事に満足いかないのなら、若いうち、早いうちに転職を考えた方が良いのでは?
確かに『若さ』が武器となり、転職に成功するケースもあるようですし、年を重ねる前に自分に合った仕事を見つける。という行動も大切です。

また、何らかの事情で学生時代からのアルバイト生活を続けているけど、ちゃんと就職したい!と考えている人も、今の時代には多いですね。

ここでは若い20代の転職を考えるあなたに「自分に合った転職エージェントを探す」お手伝いとなる情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

転職活動をはじめるなら必ず登録すべき転職エージェント厳選5社

20代後半におすすめの転職エージェント

20代の転職は、経験が少なくて社会に対する知識も少ないので、現状に対して好条件や希望の職種へ転職するには情報収集は大変重要となります。

ハローワークや求人誌で探すのも良いですが、転職エージェントを活用してみるのはいかがでしょうか?あなたの長所や経験を考慮して、転職のサポートをしてくれるので、転職で失敗してしまう確率も減ります。

転職エージェントを活用することのメリットや、何を基準にして転職エージェントを探すか、など、細かく分けて情報をまとめてみたので、20代のあなたに合った転職エージェントを探してみましょう。

20代は転職サイトよりエージェントがおすすめな理由

なぜ転職サイトより転職エージェントがおすすめなの?

転職サイト

登録したサイトに掲載される情報から、自分で求人を探す。

転職エージェント

①転職エージェントが企業へ出向き企業の福利厚生や職場環境などを評価した上で、より質の良い求人情報を提供してくれる。
②就職支援のプロがあなたのキャリアカウンセリングを行い、あなたの強みや特性を引き出して、あなたに合った求人企業を紹介してくれる。
③就職活動に必要な書類(履歴書・職務経歴書)の書き方指導や添削を行ってくれる。
④転職エージェントは、人材が欲しい企業の特色や希望条件を把握したうえで、転職を希望する人と企業とのマッチングを高めてくれる。

以上のように、転職サイトに登録をするより、転職エージェントにサポートしてもらう方が、早期の転職に結び付く可能性が高いです。

はじめて転職するならエージェントを利用する方が得

20代での転職となると、30代・40代の転職と違って、まず何をしたらよいか?と、第一歩から悩んでしまうのではないでしょうか?自分のアピールポイントは?経験が少ないけど、どのように次へ繋げれば良いか?など、わからないことだらけですよね。

そんなあなたは、まずは転職エージェントへ登録しましょう。
登録することで、転職の相談をはじめ、履歴書の書き方や、職務経歴書の書き方も教えてくれます。履歴書や職務経歴書は面接の前に自分をアピールする、一番初めの重要な書類です。

入社3~5年以上の20代後半に適した転職エージェントは?

大手エージェントがおすすめ

3年以上会社勤めをした経験があると、「ある程度社会人としての基礎が出来ている」「以前の会社のやり方などが染みついておらず、次の会社に馴染みやすい」「早い段階でこれまでの企業を見切る『判断力がある』」「やる気やステップアップ、の向上心がある」など、人材が欲しい企業からみた『魅力』があります。

大手の転職エージェントなら、取り扱い求人の件数や大手の非公開求人も多く、大手企業からの非公開求人を取り扱うなど求人の質も高くなります。また、大手転職エージェントには、プロのエージェントが所属しているので、就職相談からキャリアプランの相談も出来ますし、面接などのサポートもしてくれます。

若くてやる気のある人向けには大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

キャリアに自信があるならエグゼクティブ向け転職エージェントを

入社3年目、と言っても様々なキャリアや志を持っている人がいるでしょう。特に仕事への意欲にあふれ、自分に自信があり、高みを目指して転職する人にとって、転職によって自分のポジションや収入が下がることは望まないのではないでしょうか?そんな人にはエグゼクティブ向け転職エージェントの活用をおすすめします。

エグゼクティブ向けとは、入社数年後、部課長などの管理職に就く人材に対する求人や、外資系企業・コンサルタント・専門職など一般の20代社会人よりも高給で働く20代にもおすすめできます。

若くて意欲があり、自分の理想とするポジションで活躍している人も少なくないと思います。さらに高みを目指すなら、エグゼクティブ向けの転職エージェントを活用しましょう。

20代後半におすすめの転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの公式ページはこちら

「マイナビ」が運営する総合転職エージェントです。
国内の人気企業が「マイナビ」を使うことが多くあり、第二新卒の転職にも実績が拡大しています。この「マイナビエージェント」にしか第二新卒の募集をだしていない大手企業もありますので、大手を志望する人は登録しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

求人数は業界最多の転職エージェントで、検索上位に出てくる『DODA』と同規模で案件に優れています。担当コンサルタントの営業力が高いため、硬い意思を持っていないと、決断を迫られ納得いかないまま就職となるケースもあるようなので、慎重に進めることをおすすめします。
意欲的に就職活動したい方や、エージェントとの相性が合えば、よいパートナーとなります。

Spring転職エージェント(アデコ)

アデコ

Spring転職エージェント(アデコ)の公式ページはこちら

スイスに本社を持つ、人材サービスにおいて世界一の実績をもつ転職エージェント。
広告が控えめなので国内での認知度は高くはないが、コンサルタントのサポートも評判が高いので、初めての転職の方にもおすすめできます。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

内定後の給与交渉を前面に抱いているので、年収アップ目的での転職者は希望に沿う可能性もあります。ただし、拠点が関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限定されている地域限定型の転職エージェントなので、これらの地域以外の転職先を探す人には登録できません。

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

インテリジェンス社が運営する総案件数No.2の総合転職エージェント。面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判が非常に高いので、初めて転職する人には強い味方です。
登録後にアドバイザーから電話がくるので、まずは気になることや不安なことから質問してみましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの公式ページはこちら

大手に入りますが、その中でも特にキャリアコンサルタントが親身に相談にのってくれたり、サポートをしてくれることで評判の良いエージェントです。
スピード対応型の『DODA』や『リクルートエージェント』に比べてじっくりと相談・検討が出来るので、転職に迷いがある人におすすめです。

エンエージェント

エンエージェント

エンエージェントの公式ページはこちら

「エン・ジャパン」が展開する転職エージェントで、20代・30代を対象にした、東京・横浜・大阪・名古屋の4都市に拠点をおくサービスです。
公式サイトでは、マイクロソフト・マツダ・ナビタイム…など様々なジャンルの大手企業が紹介先企業として紹介されています。登録後エージェントに相談しながら転職をサポートしてもらうのは他も同じですが、面談開始前に性格・価値観診断テストを受けることになり、良くも悪くも自分自身を知る良い機会となります。

20代でエグゼクティブ転職を目指す人におすすめのエージェント

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

「『即戦力人材』のための転職サイト」とうたっているだけあり、日本最大級のハイクラス転職サイトです。一流のヘッドハンターが職務経歴書を見て直接スカウトをするので、条件に見合えば、質の高い求人情報を提供してもらえます。

JACリクルートメントメント

JACリクルートメントメント

JACリクルートメントメントの公式ページはこちら

外資系・国内企業のハイポジションについては国内実績がNo.1と言われています。
キャリアアップの転職にはおすすめできる一社。面談も丁寧でキャリアプランの相談や面接の対策、レジュメ添削など全て無料で提供してくれます。
エグゼクティブ向けだけあって、現時点での年収やキャリアに自信がある人向けです。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーの公式ページはこちら

大手のリクルートキャリアが提携するハイキャリア向けの転職エージェント。
紹介先企業は経営幹部クラスが多数。上を目指す意識の高い方向けの転職エージェントです。「プロ中のプロ」といわれるヘッドハンターが保有する求人は表に出ていない厳選された非公開求人ということもあり、自分に自信のある方は、思い切って登録してみるとよいでしょう。

20代前半におすすめの転職エージェント

入社3年未満の20代前半向けに適した転職エージェントは?

上記までは入社3~5年の20代後半での転職を紹介しましたが、入社3年未満の20代前半での転職はどうでしょう?3年も務めずに辞めるなんて「忍耐力がない」と思われないかと不安にもなるかもしれません。

実は3年未満での離職率は3割以上です。早い段階での転職は次の会社での就職試験で不利ではないか?と考えがちですが、実際には前向きな決断で辞める人の方が、後に後悔も少なく現状に満足できるのです。

第二新卒向けの転職エージェントがおすすめ

そんな3年未満での転職者には第二新卒者の転職エージェントをおすすめします。全くの未経験ではなく、一度社会に出て多少でも社会人としての在り方を目の当たりにしてきたはずです。そんな中で、今後のキャリア形成を真剣に考えて早期に退職をする人は、企業にとっては新卒よりも会社への関心や理解があると判断します。

もし前向きな決断でなく転職を考えていて自信がない人も、転職エージェントに相談し、自分の学生時代から現在の就職先での実績・経験から、可能性を見出してもらい、強みに変えていけばよいのです。

第二新卒向けの転職エージェントとは?

求職者の経歴を把握して、どのように企業へアピールしたらよいか一緒に考えてくれます。また、求職者との話を元に企業に推薦もらえたり、入社の交渉をしてくれます。

大手エージェントとの違いは?

新入社員が早期に退職してしまった企業は、新卒ではなく第二新卒者を求めています。第二新卒転職に特化した転職エージェントは、そんな企業からの第二新卒者向け求人を持っているので、求職者とのマッチングが取りやすく、転職の成功に繋がります。

なぜ第二新卒転職エージェントがおすすめなの?

新卒で自分をうまくアピール出来なかった人も、転職エージェントのサポートを受けることで、よりマッチした求人を紹介してもらえ、就職活動を行えるので、一人で求職活動する不安も軽減されます。3年未満の転職には第二新卒向けの転職エージェントがおすすめできます。

第二新卒での転職におすすめのエージェント

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sの公式ページはこちら

「マイナビ」グループが運営する20代・第二新卒に特化した転職エージェント。
20代専門のキャリアアドバイザーがいるため、20代ならではのキャリア構築の悩みや、早期退職者への面接対策など、第二新卒の人へ強い味方になってくれます。
登録時に面接会場へ足を運ぶ必要があります。東京・大阪・名古屋・京都へ面接に行ける方が対象となるので、地方での就職者は利用できません。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの公式ページはこちら

第二新卒専門の人材紹介会社です。エージェントが企業を訪問し、社会保険・若手を育てる環境・離職率などを調査したうえで、優良企業を厳選し紹介しています。
また、ビジネスマナーの研修を受けることが出来るので、社会人経験が少なくて自信がない人は、企業で必要なことを学べます。

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビの公式ページはこちら

内定率83%、就職後定着率92%と高い実績をうたっていますが、その背景にはブラック企業を徹底定排除していることがあります。離職率・労働時間・社会保険の有無や雇用形態に厳しい基準を設けているので、長く働く場所を探したい人なら登録したい人材紹介会社です。

ワークポート

ワークポート

ワークポートの公式ページはこちら

IT特化型の転職エージェントからスタートしているので、IT・インターネット・ゲームに特化した求人が集まっています。他社よりもIT系求人の獲得数が高く、良質な未公開求人が多いと評判です。IT系企業への転職を考える方は登録して、他社と比較してみてはいかがでしょうか。

職歴がない20代既卒向けの就職サポート

職歴なしの既卒20代が正社員就職するには?

それでは就職経験がなく、既に大学を卒業している20代はどのように転職活動をすればよいでしょうか?

何らかの理由で、高校・大学を卒業した後も就職せずに職歴がない人でも、やはり会社へ就職し社会人として生活をしたいと思うでしょう。でも、職歴がない事で就職への一歩を踏み出せず、時間だけが過ぎていく人もいるかもしれません。

既卒者向けの就職サービスとは?

既卒者は初めての就職活動になるわけですから「どのように就職活動を進めたらよいかわからない」と悩みますよね。
そんな既卒者向けにも就職サービスが存在します。

「既卒だけど正社員として就職できる企業を探したい。」「履歴書に何を書いたらいいのかわからない。」「面接で何をアピールしたらよいかわからない。」
そんな悩みを解消し、既卒者の就職支援をしてくれるサービスです。

①ビジネスマナーや就活ノウハウが身につくセミナーに無料で参加することもできます。
②既卒者専門のサイトでは、既卒者が向けに求人を掲載しており、これまで働いたことがなく、社会人としてやっていく自信がない人が就職しやすい企業の紹介をしてもらえます。
③他の転職サイトと違い既卒者人向けの指導をしてくれます。「就職できなかった理由を言い訳せずに、自分の非を認めること。」など、面接官に対する対応などの指導をしてくれたり、模擬面接で細かく・具体的に指導してくれます。自己流で就職準備をするのではなく、既卒者専門の転職エージェントに指導してもらう方が就職成功率も上がります。

職歴なしでも転職エージェントの利用を

「今まで働いたことがないから、正社員で働ける自信がない」「採用試験に受かる自信がない」なんて言わずに、20代ならチャンスはあります。何より「働きたい」という意欲が大切です。

大手企業への就職は難しいかもしれませんが、実は若手が不足している企業も多くなっているのです。

自分でハローワークなどへ通うのも良いですが、転職エージェントへの登録もできます。若手なだけにチャンスもあれば、育てようという求人企業側の姿勢もあるでしょうから、正社員へのサポートが手厚い転職エージェントへ登録し、相談しながら自分の強みを引き出してもらいましょう。エージェントというプロにお手伝いしてもらうことで、正社員へ繋がる可能性も大きく変わってきます。

公的機関の利用も

ハローワークなどの公的機関の活用も並行して、情報収集や就職活動に必要なノウハウを習得することもおすすめします。

既卒フリーター・ニートの正社員就職におすすめのエージェント

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの公式ページはこちら

既卒の就活をゼロからしっかりサポートしてくれ、自己分析・履歴書作成・面接まで丁寧に指導してくれる。
既卒者の内定率が42%と言われる中、ハタラクティブ利用者の内定率は80.4%と心強い就職エージェントです。

ジェイック

ジェイック

ジェイックの公式ページはこちら

既卒フリーターやニート専門の人材紹介会社。紹介してもらえる企業は、既卒の正社員採用に積極的な企業のみ。優良企業の紹介に力を入れているので、就職後の定着率は94.3%。
優良企業の求人を書類選考なしで紹介してもらえるので、面倒な書類作成の手間を省いて面接してもらえるというメリットも。面接で評価されれば正社員として就職できる仕組みです。

若者正社員チャレンジ

若者正社員チャレンジ

若者正社員チャレンジの公式ページはこちら

『東京都の支援事業』ということで利用者地域の制限はありますが、東京都の委託を受け、ニートやフリーター、既卒での就職希望者のキャリア支援をするシステムです。受け入れ企業への20日間の職場体験制度を設け、就職前に求職者と求人企業の相性を確認してから応募企業を決められます。カウンセリングから採用に至るまで、専任の担当者がサポートしてくれます。

いい就職.com

いい就職.com

いい就職.comの公式ページはこちら

セミナー形式で、「個別企業紹介」「相談会」「模擬面接大会」「企業研究セミナー」「非公開求人紹介セミナー」などでキャリア支援を行います。自分のペースで就活をしたい方には利用しやすい転職エージェントです。

就職Shop

就職Shop

就職Shopの公式ページはこちら

他の転職エージェントの求人と比べて、大手より中小企業の求人が多いです。
大手ではありませんが、若者の採用意識が高いので、大小問わず正社員への就職をしたい人向けの転職サイトと言えます。

既卒フリーター・ニートをサポートする公的機関

ヤングハローワーク

ヤングハローワーク

ヤングハローワークの公式ページはこちら

正社員雇用を希望する若者向けのハローワークです。通常のハローワークに比べ、若い人を対象とした職業相談・職業紹介を行っているため、経験値が少なく自信がない方でも利用しやすいシステムです。

ジョブカフェ

ジョブカフェ

ジョブカフェの公式ページはこちら

経済産業省が運営する、若者の能力向上と就業促進によるキャリア支援を目的とした公的サービスです。
求人は中小企業が中心となり、地域の中小企業の魅力発信や、中小企業と若者のネットワークを構築する役割があります。大手ではなく、地元に貢献したい若者を積極的に採用したい企業なので、経験がなくても紹介をしてもらえます。

ニートサポートネット

ニートサポートネット

ニートサポートネットの公式ページはこちら

「ニート」という言葉が定着している今日、働くことへの不安と、働きたい気持ちの狭間で悩む若者のキャリア支援するため、厚生労働省が委託している、若者自立支援中央センターが運営する機関です。
経験がなく自信がない若者に自分の強みを見つけてもらうため、パソコン講座・ジョブトレーニング・ストレスマネジメント講習など、社会人の基礎となる重要な項目について、無料でセミナーなどが開催されています。

まとめ

20代の転職といっても、経験・転職理由・目指すキャリアなど様々です。

・入社3~5年以上の20代後半には大手転職エージェント
⇒上を目指して転職をしたい人は大手転職エージェントで質の高い求人を。

・入社3年目までの20代前半には第二新卒向け転職エージェント
⇒キャリアはないけど、一般的な転職活動よりも有利に、質の良い求人を見つけて就活したいなら第二新卒向け転職エージェントで優良企業の求人を。

・職歴なしの既卒20代には既卒者向けの就職サービス
⇒経験がなくてもサポートしてくれるサービスを利用して正社員への道を掴める、既卒者の正社員就職サポートサービスの利用を。

自信満々な人も、自身の無い人も、まだ20代。いくらでもチャンスはつかめます。決してあきらめず、自分に合った転職エージェントやサポート機関を利用して、明るく楽しい将来を、是非つかんでください。


転職エージェントをうまく活用できていますか?

良質な求人情報を得られる、応募書類や面接対策のサポートを受けられる、年収交渉を代行してもらえるなど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

しかし担当者と相性が合わない、希望条件にマッチする求人を紹介してもらえないなど、なんだかイマイチだな~と感じてる人も多いのではないでしょうか?

エージェント5社を利用して転職活動を1ヶ月で終わらせた私が、本当に役に立つ転職エージェントの選び方を解説します。

転職エージェント

転職活動をはじめるなら必ず登録すべき転職エージェント厳選5社