一昔前とは雇用環境が大きく変わり、転職をすることは珍しいことではなくなりました。
しかし、自分のキャリアをどんどん積み上げていける若い世代と比較して、中高年は、家族の介護、病気などそれぞれの家庭の事情を抱えている人も多いものです。そして、相対的に年収も高くなるため、転職活動では厳しい現実に直面する可能性も高いことは否めません。

しかし、中高年ならではの経験を活かして活躍できる場はまだまだあります。また転職エージェントだけでなく、公的サービスも年々充実してきています。
ここでは45歳~50代という年代におすすめの転職エージェントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

転職活動をはじめるなら必ず登録すべき転職エージェント厳選5社

中高年向け転職エージェントの選び方

中高年(50代以上)は転職エージェントに登録拒否される?

多くの企業で一番年収の高い世代が50代前半と言われています。早期退職の対象になったり、子会社・関連会社へ出向させられたり、中高年に対する風当たりはますます強くなる一方です。

思い切って転職を考えても、採用する企業にもリスクが高く、50代ではそうそう求人もありません。転職する際に多くの人が利用する転職エージェントも、多くは20代~30代をターゲットにしているので、登録すら拒否されるケースもあります。しかし、転職エージェントの特徴や強みをしっかり把握して選べば、登録できるところもあります。

しかし、登録できても50代で応募できる求人数は限られるので、複数の転職エージェントに登録して、可能性を模索することが必須です。

ハイキャリアにはエグゼクティブ向けの転職エージェントもある

50代と一言でいっても、キャリアに自信があるなら、エグゼクティブ向けの求人を専門に扱う転職エージェントを利用するのがおすすめです。
また、経験が物を言う専門的な技術を持っている人は、同業他社で転職を目指すなら、その業種や職種に強い転職エージェントに登録することをおすすめします。

中高年が登録できる可能性が高い転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

情報量の多さは抜群のリクルートエージェントは、その実績と信頼で全国の主要拠点はもちろん、地方都市でも同様のサービスを受けられることで高い評価を得ています。土日に相談できるのもありがたい点です。

取り扱う業種・職種も幅広く、中高年もこれまでの経験を活かした求人情報を得られます。登録者が多いので、積極的かつスピーディーに転職活動を進めることで、質の高いサポートを受けられます。

Spring転職エージェント(アデコ)

アデコ

Spring転職エージェント(アデコ)の公式ページはこちら

人材業界における世界シェアNo.1のスケールを誇るアデコでは、ハイクラスの求人情報が特に充実しています。外資系や大企業、グローバル企業の求人も豊富なので、中高年でも高いキャリアを持つ人は、ぜひ登録をおすすめします。
全国に拠点があり、土日や平日夜の相談が可能なので、在職中から転職活動を始められます。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの公式ページはこちら

パソナでしか取り扱っていない独占求人が多いのが特徴です。
年収アップ率も6割以上と高く、質の良い転職に成功している人がたくさんいます。
コンサルタントは、応募書類や面接対策にも親身になってくれるので、自分のキャリアに自信がない人もまずは登録をおすすめします。拠点は全国に広がっているので、相談したいときに相談できる魅力もあります。

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

DODAは、取り扱う求人の8割~9割が非公開求人という特徴があります。DODA転職エージェントならではの情報なので、登録しておいて損はありません。
拠点も全国にあるほか、夜間や土日の相談もOKなので便利です。
求人数が多い大手サイトなので、中高年向けの求人情報も掲載されています。見逃しがないよう、スカウト機能を積極的に利用することをおすすめします。

中高年向けエグゼクティブ転職エージェント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの公式ページはこちら

40代くらいの比較的高い年齢層にも支持されている転職エージェントです。ハイクラスの求人が多いため、年収アップやキャリアアップのための転職を目指す人が多く利用しています。
コンサルタントも500名と多く、企業と求職者の両方を同じコンサルタントが担当するため、ミスマッチの防止にもなっていて、きめ細かいサポートを受けられます。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

年収1000万円以上にターゲットを絞ったエグゼクティブ向けの転職エージェントです。ほとんどのサービスが無料で利用できる転職エージェントにおいて、ビズリーチでは、一部サービスにおいて有料という点に自信が窺え、それ相応のサポートが期待できます。
スカウトによる転職も多く、スキル・キャリアともハイクラスで、特にグローバル企業や管理職として転職を考えている人にはおすすめの転職エージェントです。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーの公式ページはこちら

キャリアカーバーはリクルートグループが運営する転職サイトです。ハイスペックな中高年を対象に、年収800万円以上のハイクラス求人を取り扱っています。転職に有利とされる20代~30代に限らず、スキルがあれば年齢は問わない、というスタンスの企業が多く、高いスキルや経験を要する専門職の求人が多いという特徴があります。

クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーの公式ページはこちら

ヘッドハンティングをメインに行う転職エージェントで、特に年収800万円以上、マネージャー以上のエグゼクティブ層をターゲットにしています。IT業界に強みを持っています。
キャリアコンサルタントは、国家認証資格を持つプロが揃っていて、コンサルティング力には定評があります。

エージェントに登録拒否された中高年向け転職サイト

エージェントに断られたら転職サイトを活用すべし

転職エージェントに登録できなくても、転職サイトを利用して自力で求人を探すことは可能です。これまでの自分のキャリアを見つめ直し、棚卸しをしておくことも大切です。
転職サイトは、転職市場での自分の価値を知る上でも利用価値があります。登録しておけば、条件に合う求人が送られてくるスカウトメールなど、使えるものはすべて使うくらいの気持ちで、積極的に利用するべきです。

ブラック求人を見分けるコツ

年齢不問の求人がたまにありますが、いざ入ってみるととんでもないブラック企業だった、ということも残念ながらあります。掲載されている求人情報だけでは見極めるのは難しいですが、その企業がどれくらいの頻度で求人を出しているかを継続的にチェックしておくのは有効です。離職率が高い会社はブラック企業である可能性は高いので、いつも求人が出ているような会社は要注意です。また、給与が高かったり、休日が多かったり、あまりに良すぎる条件が書かれてある求人も要注意です。

自力で転職求人を探すのに役立つ転職サイト

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストの公式ページはこちら

リクナビネクストは、知名度・実績とも国内No.1の転職サイトです。9割近くが会員だけの非公開求人であり、毎週1,000件以上の新着求人が入るので、常に新鮮な情報を得ることができます。転職市場における自分の価値をつかむためにもぜひ登録しておきたい転職サイトです。

転職サイト@type

転職サイト@type

転職サイト@typeの公式ページはこちら

年間の利用者が100万人とも言われる「転職サイト@type」は、IT業界や外資系に強い転職サイトです。
適正を見極める転職力診断テストや自己分析ツールなどのコンテンツもあり、情報収集のためのサイトとしても利用価値があります。求人情報件数は少なめですが、全国対応しているので、Uターンを考えて地方で転職活動をする人も利用しやすいサイトです。

キャリコネ

キャリコネ

キャリコネの公式ページはこちら

キャリコネは、その企業に務める社員自らが書いた口コミをまとめている、ユニークな形態の転職サイトです。口コミをしている社員も若手からベテランまで様々で、実際に勤める社員だからこそわかる実態がわかると評判です。入社後のミスマッチを防ぐのにも一役買っています。

ジョブセンスリンク

ジョブセンスリンク

の公式ページはこちら

サイトを通して転職に成功して条件を満たせば、転職お祝い金が最大10万円もらえることで人気の転職サイトです。求人数は多いですが、50代向けの求人情報はあまり多くはないので、スカウト機能を利用したりこまめにサイトをチェックしたり、積極的に行動する必要があります。サイト構成がシンプルで使いやすいのも高ポイントです。

FROM40

FROM40

FROM40の公式ページはこちら

40代~50代の中高年を対象にした転職サイトです。勤務地と職種を選ぶだけで仕事を検索できるシンプルなサイトが使いやすいです。正社員のほか、日払いのアルバイトや高時給のアルバイトなど、いろいろな働き方を探すことができます。
また、無料転職支援に登録すれば、非公開求人も見られるので、可能性を広げるためにも登録をおすすめします。

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職の公式ページはこちら

マイナビ転職は、独占求人が約8割あり、毎週火・金に求人情報が更新されます。
中高年向けの求人は限られますが、適職診断や無料の履歴書添削などのサポートも充実しています。ハイキャリアの中高年はグローバル企業、ITエンジニアはエンジニア求人サーチといった専門分野の転職サイトも展開しているので、スキル・経験に自信がある人はそちらも活用できます。

エン転職

エン転職

エン転職の公式ページはこちら

エン転職は大手転職サイトで求人件数も多いので、50代向けの求人も少なからず掲載されています。どの業界にも太いパイプを持っていて、管理職・ハイクラス求人も取り扱っています。また、スカウト機能があるので、併用することをおすすめします。
エン・ジャパンは中高年の転職に特化した「enミドルの転職」も運営しているので、こちらもぜひ登録しておきたいサイトです。

日経キャリアネット

日経キャリアネット

日経キャリアネットの公式ページはこちら

日経グループの日経HRが運営する転職サイトで、日経のブランド力で企業からの信頼が厚いことで知られています。上場企業や外資系企業の管理職など、質の良い求人情報が多く、キャリアアップや年収アップを目的に利用する人が多いサイトです。金融業界や機械、電子などメーカーの業界に強い特徴があります。

60代以上のシニアの求人探しに役立つサービス

60代以上のシニアは国・地方自治体のサービスも併用

一般的に「定年」と言われる60歳からの転職は、求人がほとんどなく、まず難しいのが現実です。したがって、60代以上は転職エージェントへの登録はまず無理だと割り切る必要があります。万一、システム上の登録ができたとしても、若い世代のようにコンサルタントのサポートは期待できません。

仕事探しは公的サービスの利用がおすすめ

60代以上で職探しをしている人は、ハローワークやシルバー人材センターといった公的サービスを利用するのが一番の近道です。仕事に欠かせないパソコンが苦手、という中高年も多いですが、ハローワークを通して、公的機関の職業訓練を受講することもできます。

60代以上のシニアにおすすめの公的サービス

ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービス

ハローワークインターネットサービスはこちら

60歳以上で仕事を探している人は、転職エージェントや転職サイトに頼らず、公的サービスを利用するのがおすすめです。ハローワークインターネットサービスは、ハローワークに出向かなくても求人検索ができる便利なシステムです。条件は求めないからとにかく就職したい、という人は利用すべきです。
また、ハローワークインターネットサービスは、ハローワークで求職者登録しなくても利用できるので、情報収集にも役立ちます。

シルバー人材センター

シルバー人材センター

シルバー人材センターはこちら

60歳が定年の会社は多いですが、まだまだ元気で働く意欲も十分ある人もたくさんいます。しかし、日本の企業では、60歳からの再就職・転職は現実的に可能性が限りなく低いです。60歳以上で働きたい人は、各自治体にあるシルバー人材センターに登録することをおすすめします。収入の保証があるわけではありませんが、会員になれば、豊富な人生経験を活かせる仕事を紹介してくれます。高齢者の生きがいづくりや地域貢献といった目的で活動をしています。

まとめ

大手から個性的なところまで、転職エージェントはそれぞれのカラーを持っています。いざ転職したくてもうまくいかず壁にぶつかっていた中高年も、転職エージェントをしっかり選べば登録することもでき、質の高いサポートを受けることも可能です。転職活動は、これまでのキャリアを見つめ直すチャンスです。

効率よく転職活動を進めるために、複数の転職エージェントや公的サービスを並行利用して、本当に必要な情報の取捨選択を心がけることが大切です。
転職エージェントはコンサルタントとの相性もあるので、自分にストレスのない方法を見つけて、転職活動を成功させてくださいね。


転職エージェントをうまく活用できていますか?

良質な求人情報を得られる、応募書類や面接対策のサポートを受けられる、年収交渉を代行してもらえるなど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

しかし担当者と相性が合わない、希望条件にマッチする求人を紹介してもらえないなど、なんだかイマイチだな~と感じてる人も多いのではないでしょうか?

エージェント5社を利用して転職活動を1ヶ月で終わらせた私が、本当に役に立つ転職エージェントの選び方を解説します。

転職エージェント

転職活動をはじめるなら必ず登録すべき転職エージェント厳選5社