社会に出て10年以上経つ30代、職場でのキャリアの変化・会社の経営に対する考え方の変化、また、女性では結婚・出産・親の介護などの理由で働くことへの心境の変化が出てきて、今のまま仕事を続けるべきか、転職するべきかと考える事が増える年代です。

「これまで勤めていた会社ではキャリアアップが出来ない。」「結婚したいが今の職場では将来が見えない。」「違う職種へチャレンジしたい。」「結婚して子供を産んだ後に社会復帰できるか?」「親が年を取ってきて、近くに住んで働きたい。」など、男性も女性も30代は本当にいろいろな悩みが出てきて、それは、それぞれの環境で大きく変わります。

ここでは、そんな様々な転職を考える30代に、「自分に合った転職先を探す」お手伝いとなる情報をまとめましたので、是非参考にしてください。

転職活動をはじめるなら必ず登録すべき転職エージェント厳選5社

30代前半が転職エージェントを選ぶポイント

30代前半は転職サイトよりエージェントを利用すべし

30代前半は売り手市場だが失敗できない

30代で社会経験があると、求人企業は即戦力として採用したと思います。ですから、前職で確実にスキルアップをしてきたなら、30代前半は転職のチャンスです。

ただ仕事のスキルはあっても、それを実際に他の会社でアピールするとなると、案外うまく伝えることがない、ということも多いのです。
せっかくスキルがあっても、チャンスを生かせないと損をします

また実際採用されたとしても、その会社を長く続けることが出来なければ、さらに年を重ねてからの転職となり、だんだんと転職が難しくなります。

転職サイトより転職エージェントの方が求人の質が高いのでおすすめ

30代の転職には転職サイトより転職エージェントがおすすめです。

転職サイトは職業別や地域別など、さまざまなジャンルの求人を掲載しています。非公開求人を掲載しているサイトもありますが、専属の担当者がみっちり指導をしてくれるのではなくて、気になる求人を見つけたら面接を申し込むことが出来ます。

求人を見るだけでは、実際に企業が採用したい年齢などが見えないこともあり、転職サイトだけで転職活動をすると遠回りになる場合もあります。

一方、転職エージェントは、エージェントが自分の足で企業を回り「どんな企業か?」「福利厚生はしっかりしているか?」「職場環境はよいか?」などをチェックして、優良企業の求人を集めています。つまり、転職サイトよりも質の高い求人が多く存在します。
ですから、

転職活動のサポートや転職先の情報を得ることで転職に失敗しない

転職エージェントは企業へ情報を収集しに足を運ぶので信頼が出来ますし、大手のエージェントであれば大手企業の求人が集まることもあります。企業側の求める人材の情報をもっていますので、その企業に合わせた面接の対策などもしっかり行ってくれます。

企業の性質と求職者のスキルとを知ったうえで、転職の相談に乗ってくれる転職エージェントを活用することで、自己の強みを引き出してもらえ、また企業に対して採用の後押しをしてくれることもあるので、転職の成功率が自然と高くなります。

30代前半の転職におすすめのエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの公式ページはこちら

老舗の転職エージェントで、全業種に対応し、求人数も業界最多で案件に優れており、人材会社では最大手。10年以上のベテランエージェントを筆頭に求職者のサポートをしてくれます。コンサルタントの営業力が高いため、硬い意思を持っていないと、決断を迫られ納得いかないまま就職となるケースもあるようなので、慎重に進めることをおすすめします。
意欲的に就職活動したい方や、エージェントとの相性が合えば、よいパートナーとなります。

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントの公式ページはこちら

内定後の給与交渉を前面に出しているので、年収アップ目的での転職者は希望に沿う可能性もあります。ただし、拠点が関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限定されている地域限定型の転職エージェントなので、これらの地域以外の転職先を探す人には登録できません。
他の大手に比べて知名度が低く登録者数が少ないが、そのため選考通過率が高く、利用者の評判も良いので、穴場的な転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)

アデコ

Spring転職エージェント(アデコ)の公式ページはこちら

スイスに本社を持ち60か国・5500の拠点がある、人材サービスにおいて世界一の実績をもつ転職エージェント。
広告が控えめなので国内での認知度は高くはないが、コンサルタントのサポートも評判が高く、若手からミドル層の専門職求人に力を入れています。外資系などの大手求人があるなど、他にはない特色があります。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの公式ページはこちら

転職エージェント業界では売り上げ上位に入る大手。幅広い業種・職種に対応していますが、特にIT・通信・インターネット、メーカー(機械・電機・電子)、医療、福祉医療、営業 です。キャリアコンサルタントが親身に相談にのってくれたり、サポートをしてくれることで評判の良いエージェントです。
スピード対応型の『DODA』や『リクルートエージェント』に比べてじっくりと相談・検討が出来るので、転職に迷いがある人におすすめです。

DODA

DODA

DODAの公式ページはこちら

インテリジェンス社が運営する総案件数No.2の総合転職エージェント。大手から中小までの求人が揃い、利用者の満足度も高い。面接対策や職務経歴書の実践的なアドバイスの評判が非常に高く、利用者には「面接の通過率があがった」との声も多い。登録後にアドバイザーから電話がくるので、気になることや転職に対するビジョンなど相談できます。

エンエージェント

エンエージェント

エンエージェントの公式ページはこちら

「エン・ジャパン」が展開する転職エージェントで、20代・30代を対象にした、東京・横浜・大阪・名古屋の4都市に拠点をおくサービスです。
公式サイトでは、マイクロソフト・マツダ・ナビタイム…など様々なジャンルの大手企業が紹介先企業として紹介されていますが、製造業・ITエンジニアなど専門知識・技術を使った求人が多い傾向です。登録後エージェントに相談しながら転職をサポートしてもらうのは他も同じですが、面談開始前に性格・価値観診断テストを受けることになります。

30代後半が転職エージェントを選ぶポイント

30代後半はハイクラス転職エージェントがおすすめ

30代後半の転職は、キャリアとマネジメント能力

30代後半で転職を考える人は、社会人経験も長く会社の仕組みや流れが解っているので、その経験と仕事のスキルを活かし、部下へ指導する立場である中核層なども視野に入れましょう。30代後半ともなるとマネジメント経験は必ず見られます。近年、グローバル化や高度情報化が進む中、新規開拓やイノベーションを図る企業が多く、経営の中核を担うエグゼクティブ層や次世代リーダーとなる人材を求める企業も少なくありません。

キャリアだけでなく、マネジメント能力の高さが求められますが、年齢的にもただ転職するのではなく、先を見据えて自己アピールが出来ることは強みになります。

ハイクラスエージェントの活用がおすすめ

30代後半になると、仕事のキャリアだけでなく、年収も上がってきているでしょう。ある程度の年収以上ですと、ハイクラス転職エージェントの活用をおすすめします。

500~600万円以上の年収があると紹介してもらえる求人など、ハイクラスな求人をメインに扱う転職エージェントは、質の高い求人がほとんどです。現状からさらに上を目指すなら、ぜひ登録しましょう。

転職エージェントへの登録を断られても諦めずに

30代後半でハイポジション・高収入で活躍する人も多くいますが、もちろん誰でも簡単にそうなれるわけではありません。
年齢の割に経験が少ない・スキルが低いと判断されると、転職エージェントへの登録を断られることもあります。

でも、諦めずに別の転職エージェントを探しましょう。
転職サイトやエージェントは非常に数も増えていますので、大手ではなく職種や年齢に特化したものもあります。一社に断られても登録できる転職エージェントもあります。

30代後半におすすめのハイクラス転職エージェント

JACリクルートメントメント

JACリクルートメントメント

JACリクルートメントメントの公式ページはこちら

転職エージェント業界での売り上げ上位に入る企業で唯一株式公開しています。エグゼクティブ、専門職、スペシャリスト、外資系・国内企業のハイポジションなど、ハイクラス求人に強みを持っており、国内実績がNo.1と言われています。
キャリアアップの転職にはおすすめできる一社。面談も丁寧でキャリアプランの相談や面接の対策、レジュメ添削など全て無料で提供してくれます。
エグゼクティブ向けだけあって、現時点での年収やキャリアに自信がある人向けです。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの公式ページはこちら

「『即戦力人材』のための転職サイト」とうたっているだけあり、日本最大級のハイクラス転職サイトです。一流のヘッドハンターが職務経歴書を見て直接スカウトをするので、条件に見合えば、質の高い求人情報を提供してもらえ、キャリアアップを目指せます。
より良い求人と出会えるためのプレミアム会員制度(有料)もあります。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーの公式ページはこちら

大手のリクルートキャリアが提携するハイキャリア向けの転職エージェント。
紹介先企業は経営幹部クラスが多数。上を目指す意識の高い方向けの転職エージェントです。「プロ中のプロ」といわれるヘッドハンターが保有する求人は表に出ていない厳選された非公開求人ということもあり、キャリアの長い30代後半の転職向けと言えます。

30代女性が転職エージェントを選ぶポイント

30代女性は女性向けの転職サイト・エージェントがおすすめ

30代女性は環境に左右される

年齢的に、結婚・出産・育児など、女性にとっては仕事との両立をどのようにするかかんがえ考えざるを得ない状況が出てきます。
仕事は楽しいが、子供は産みたい。子育てに専念したいが、社会との繋がりを断ちたくない。子供を産んでもバリバリ働きたい。など、男性とは違った悩みですが、多くの女性には避けられない状況です。福利厚生がしっかりしない会社ですと育児休暇などが無く、出産を機に退職をしなければなりません。出産が終わり、子育てに慣れたころに社会へ出ようと思うと、なかなか仕事が見つからない。と悩む人も多いです。

今後を含め相談できる転職エージェントを活用しよう

女性の社会進出に前向きになりつつある今日、転職エージェントも様々で、最近では女性の向けの転職エージェントも増えています。『女性活躍』を推進する大手転職エージェントや、女性の立場に立った、女性が働きやすい環境の求人を紹介してくれる転職エージェントなど、自分に合った転職エージェントを探して、今後のビジョンを含めて相談に持ってもらえ、転職のサポートをしてくれます。

働くママには働くママ向けの転職エージェントの活用がおすすめ

子育てをする女性の社会復帰ですが、仕事メインの働き方なのか、子供がメインな働き方なのかで大きく変わってきます。子供がいても、親のサポートなどでバリバリ働ける(働きたい)女性は時間を気にしない転職活動が出来ます。
近くにサポートがいない。託児所などに子供を長く預けられない(預けたくない)女性は、土日祝日のお休みや、時間短い仕事など、も難しくなってきます。
そういった、転職が難しい場合でも、女性のキャリアアップ支援を積極的に行っているエージェントに登録して、カウンセリングを受けながら転職へ向けてサポートを受けることができます。

30代女性におすすめの転職サイト・エージェント

Woman Will(マイナビエージェント)

Woman Will

Woman Willの公式ページはこちら

女性コンサルタントが立ち上げた人材紹介サービスで、同じ女性の立場から転職する女性を支援してくれます。3つのポリシーがあり、①プロの資格を持ったキャリアアドバイザーが直接マンツーマンでのカウンセリング後仕事の紹介をしてくれます。②転職を成功させるために、様々なノウハウやサービスを提供してくれます。③個人情報の厳密な管理。
ということで、安心して登録、相談できます。

ビズリーチ・ウーマン

ビズリーチ・ウーマン

ビズリーチ・ウーマンの公式ページはこちら

公式サイトでは『管理職をめざす女性向けの転職サイト』とうたってますが、女性の活躍促進に積極的な企業の紹介や、転職に成功した女性の成功例などを多数配信しています。
女性の地位向上を目指した、女性に特化した転職サイトです。

女性の転職@type

女性の転職@type

女性の転職@typeの公式ページはこちら

キャリアデザインセンターが運営する女性に特化した転職サイト。業界・職種・勤務地・こだわり条件等で女性向けの求人を検索できます。スカウトサービスの利用も出来るので、スカウトがもらえれば転職可能率も上がります。

とらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆの公式ページはこちら

「女性のための求人・転職サイト」で、全国各地の女性向け求人を掲載。子育てでブランクがある、時短で働きたい、残業が少ない。などの条件検索で求人を探すことが出来ます。女性向けに専門特化したサイトでは国内先駆けと言える存在で企業側の認知度も非常に高く安心なサイトです。

リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリアの公式ページはこちら

女性活躍プロジェクトに賛同する200社以上の企業と提携しており、企業や世の中に向けての活動を積極的に行っている人材紹介会社。バリバリ働くのか、出産後はゆっくりとした働き方をするのか。の両極端ではなく、結婚・出産・育児・介護など、その時期に目を向けた働き方を一緒に考える姿勢を持っており、「頑張ってきた女性がやりがいを持って働き続けられる社会を作ること」をミッションに掲げています。
キャリアを磨いてきて、結婚・出産なども考え、将来的にはしっかりキャリアを磨きたい女性にピッタリのエージェントといえます。

時短エグゼ

時短エグゼ

時短エグゼの公式ページはこちら

週3日、10~16時など、選べる働き方でハイキャリア経験を生かせる仕事を紹介する人材紹介会社。好条件の案件が多数あり、少ない勤務時間で高収入を得られるものもありますが、それなりの経験が求められます。
キャリアに自信があるが、転職後にキャリアダウンを心配する方は、相談する価値があります。

30代で未経験転職したい人向け転職エージェント

30代で未経験転職をするなら転職サイトとエージェントを併用

30代の転職は即戦力として求められる

企業が求める30代の転職者は、前職の経験を生かして即戦力になる人材。ですから、基本的にはこれまでのキャリアを生かした転職が有利となります。

それでも未経験の職種へ転職したいと思うなら
①未経験でも応募可能な求人をさがす
②なるべく多くの求人に応募する
③求人数の多い媒体を選ぶこと
が大切です。求人数の多い転職エージェントを活用して、サポートしてもらいながら未経験の転職にチャレンジすることをおすすめします。

転職エージェントへ相談し、近道を探す

未経験の異業種へ転職してみたい。と思うのは、現職での仕事をある程度習得してしまい面白味が感じられない、会社に慣れ過ぎてしまって他に目を向ける余裕がでてくる30代くらいに多くなるのではないでしょうか。しかし現実には同じ求人に自分より若い人材や同業種からの応募者も出てくるので、採用につなげるのは難しくなります。

求人数の多い転職エージェントへ登録し、未経験転職をしたいことを相談して、まずは前職でのスキルを活かせる会社へ転職し、その先に部署移動などで希望の職種へ就くことが出来る提案をしてもらうなど、近道を探しましょう。

エージェントを利用してもうまくいかない場合は転職サイトの併用を

転職エージェントに相談したが、希望の職種への転職は難しい。でも、諦めきれない。というときは、転職サイトも利用して、自力で「未経験応募OK」の希望職種を探しましょう。求人数の多い大手の転職サイトなら、希望の求人が見つかるかもしれません。あとは自分のアピール次第です。

転職エージェントとの併用にお勧めの転職サイト

リクナビネクスト

リクナビネクスト

リクナビネクストの公式ページはこちら

リクルートが運営する、最大手の転職サイト。求人件数が大変多いため、転職エージェントでなかなか転職先が決まらない時など、求人を探すのに併用して登録するとよいです。
こだわり条件を指定して(女性活躍中・育児支援制度あり・年間休日120日以上・フレックス勤務など)検索すれば、ワークバランスを重視したい女性でも働きやすい求人が見つかります。

転職サイト@type

転職サイト@type

転職サイト@typeの公式ページはこちら

大手と比較すると求人数が多いわけではありませんが、エンジニア関連や外資系の求人に強い転職サイトです。これらの業種への転職を希望するなら、エージェントと併用しての登録がおすすめです。
市場診断テストや転職力診断テストは評価が高く、希望条件や経験・スキルなどから企業とのマッチングを教えてくれるサービスがあるのが、他社と違う特徴で利用価値はあります。

キャリコネ

キャリコネ

キャリコネの公式ページはこちら

転職に役立つ情報や、企業の年収・評判、求人情報を掲載する求人サイトです。
複数の大手転職サイトとの提携により、大手企業からのハイクラスな求人情報がみられます。キャリアアップの意識が高い人の利用を増やすことにより、やる気のあるユーザー向けに大手企業が求人を出してくるので、質の高い求人情報を得ることも出来ます。

ジョブセンスリンク

ジョブセンスリンク

ジョブセンスリンクの公式ページはこちら

「次世代の転職サイト」と言われ、他の大手転職サイトを割って急成長した、全国的に展開している求人サイト。幅広い職種の求人を多数取り扱い、ターゲットとする年齢層も広いです。転職サイトには珍しい「転職お祝い金」の制度もあります。とにかく求人数が多いとの評判なので、転職エージェントとの併用がおすすめです。

マイナビ転職

マイナビ転職

マイナビ転職の公式ページはこちら

全国の求人を多数取り扱い、転職サイトの中でも上位になります。登録すると、サイト内の色々な情報や転職希望者の体験談を見られるので、参考にすることができます。履歴書や職務経歴書の添削はもちろん、「次にどうすべきか」のサポートもしっかりしています。

エン転職

エン転職

エン転職の公式ページはこちら

DODAやリクナビNEXTと比較すると求人数は少ないですが、求人一つ一つに、担当者のおすすめコメントや、実際に働く人の話が掲載されているので、企業の情報収集が明確にできます。求人情報だけでは見えない実際の現場の状況を事前に知ることで、応募先の企業を絞って、転職活動ができます。慎重で応募に踏み切れないという方に向いています。

30代の転職活動を成功させるポイント

20代に比べ、30代で転職を考える人は、これまでの経験を基に転職を考えるため、転職先にもさまざまな条件や希望が出てきます。また、求職側も即戦力として30代向けの求人を出すことが多くなり、企業とのマッチングも大切です。

30代と言えば、結婚をして一家の主ともなると収入アップを考える人もいるでしょうし、女性であれば30代での働き方は仕事より家庭重視で、残業などを少なくして家事との両立が出来るように。と考えます。
子供が出来ると子供重視になり、子供の体調などで急なお休みを取らなければならなかったり、子供の行事に参加したり、と益々、仕事との両立が難しくなります。

また、キャリアが長くなると、20代に比べて仕事の責任が増えてくるが、そのままキャリアアップが出来るような会社でなければ、転職して上を目指したいと思う人もいます。
年齢的にも、30代前半なら仕事のスキルも社会人としてのマナーも持っているので、採用してもらいやすいかもしれませんが、30代後半になると、転職に失敗した時に次の転職が難しくなってくるので、転職先を決めるのにも慎重になります。

就職活動は重要ですが、どのような働き方を希望するか?将来的にどうしたいか?をしっかり考え、長く働ける職場を見つけることがとても重要になります。
失敗したくない30代の転職には転職エージェントや転職サイトを利用しましょう

活用することのメリットや、何を基準にして転職エージェントを探すか、など、細かく分けて情報をまとめてみたので、30代のあなたに合った転職エージェントを探してみましょう。

30代の転職市場の動向

30代の転職事情は、30代前半と30代後半とで大きく違いがあります。転職市場で一番人気があるのは、20代後半から30代前半あたりの「30歳前後の経験者」です。特に新人研修などをミッチリと受けている大手企業からの転職であれば、引く手あまたになる可能性大です。

リーマンショック後の不況により新卒採用を手控えていた企業などは、30歳前後の社員が少なく世代バランスに問題もあるため、積極的に補充採用しようという動きもあります。採用する側としては、他の企業が採用を手控えていた時代に、大手企業に新卒採用されていた人材なら優秀なはずだという期待もあります。

30歳前後の求人は数多くありますし、企業側の採用意欲もかなり高まってきています。ただし採用を控えていた期間が長い会社ほど、期待値が上がっていて、かなり高スペックな人材を求めているという傾向もあります。

つまり、年齢だけ該当していても、採用基準に満たない、必要とされるスペックに届かない場合は、現実が厳しいことに違いはありません。

ただ、不景気の影響で新卒での就職活動がスムーズにいかなかった場合、不本意ながらも非正規雇用やフリーターを余儀なくされていた場合などは、正社員で就職するチャンスです。不安定な立場や仕事から脱出する覚悟を決めたなら、積極的に活動を開始することがおすすめです。

30代の求人探しは企業分析が重要

転職は35歳までという通説があるように、前半と後半では同じ30代でも条件は大きく変わってきます。昔よりは30代後半にも門戸は開かれるようになってきていますが、30歳程度とは求められる経験やスキルが大きく変わってきます。

30代後半も可としている求人は多々ありますが、書類はパスしても面接などで能力をより厳しくチェックされるのです。同じスペックであれば若い方を採用するという傾向は従来通りで変わっていません。

就業人口全体が高齢化していて「35歳転職限界説」は崩壊したとも言われていますが、転職市場で優遇されるのは35歳までです。2007年の雇用対策法改正により、求人広告に「年齢制限」の記載はできなくなっていますので、表向きは応募は可能であっても実際にはふるいにかけられるケースもあります

とはいえハイキャリア人材なら、男性でも女性でも、30代、40代でも、即戦力を求める企業にとっては大きな魅力です。単なる年齢では無く、中身が年齢以上のスペックであれば、積極的に採用する企業も多いのです。

  • 30代前半は、ポテンシャル重視
  • 30代後半は、マネジメント経験

今後10~20年後に国内の労働人口の半数近くの職業については、人工知能やロボットで代替される可能性が高いという推計も発表されています。つまり機械にできるような仕事や職種は淘汰されて、人の手や能力が必要な仕事だけが残ります。

  • 人間の創造力
  • コミュニケーション能力
  • 調整力
  • マネジメント能力

30代転職に必要な「人間力」と同じです。30代での転職なら、長期的に業界の動向や将来性なども含めて検討することが大切です。

30代で転職を成功させる方法

30代で転職を考える場合、転職する理由を自分の中で明確に整理しておく必要があります。

  • リストラやパワハラ、倒産などで「今の会社に居られないから」「辞めたいから」なのか?
  • 給料が低い、もっとキャリアを積みたい、安定した職につきたいなどの「現状打破」や「レベルアップ」なのか?

つまり「転職しなければならない事情」「転職したい理由や目的」を、自分の中でハッキリ区別してください。それから希望や条件などの優先順位をつけるのです。もし急いで転職しなければならない理由があり、最優先であるなら、あまり他の条件で高望みすると本末転倒になりかねません。

家族を支えなければならない30代男性であれば、無職の期間が長くなっては困りますし、夢ばかり追いかけるわけにもいきません。タイミングもありますし、ある程度のところで折り合いをつけることも、ときには必要になります。

転職エージェントのキャリアアドバイザーとしっかり相談して明確な優先順位をつけ、転職の目的をクリアにしてから応募することがおすすめです。

30代女性の転職を成功させる方法

30代女性の場合は、結婚の有無や、子供の年齢や環境も大きな問題になりますし、妊娠や出産などライフスタイルなども念頭におかなければなりません。

男性以上に自分の優先順位を明確にして、譲れる条件と、絶対に譲れない条件を区別してください。給料も、勤務地も、勤務時間も、休日も、アレもコレもと盛り込み過ぎては、できる転職もできなくなります。

幅広い情報収集と、客観的な人材価値チェックには、キャリアカウンセリングを活用することがおすすめです。30代のキャリア女性を得意にしている転職エージェントなどを選ぶことも、ポイントになります。

まとめ

30代の転職は、環境に左右されるものが多く見受けられます。ポジティブな転職なら前向きにハイキャリアを目指してもよいでしょうし、女性であれば、そのワークスタイルに合った仕事を見つけることが大切です。

・30代前半は転職サイトよりエージェントを利用すべし
⇒20代の転職と違い、失敗できない30代前半の転職。
自分では気づけない強みや、キャリアアップの方法をエージェントに見出してもらいましょう。

・30代で未経験の職種へ転職をするなら転職サイトとエージェントの併用を。
⇒未経験の職種への転職。若い20代に比べ成功率は低く厳しいのが現状です。
転職エージェントだけでなく、転職サイトを併用し、より多くの求人を探すべきです。

・30代後半はハイクラス転職エージェントがおすすめ
⇒長いキャリアや高いスキルがある30代後半は、思い切ってキャリアアップを目指せる、ハイクラスの転職エージェントの利用を。

・30代女性は女性向けの転職サイト・エージェントがおすすめ
ある程度のキャリアを積んで、仕事が面白くなってくる30代。ですが女性にとっては、結婚・出産・育児、または親の介護など、周辺の環境変化により、働き方を見直す人も多くなります。そんな30代の女性は、女性向けの転職サイト・エージェントへの登録が必須です。

様々な理由で転職を考える30代。自分の目指す働き方が出来るよう、自分の将来のビジョンをしっかり持って、最適な転職エージェントや転職サイトを活用しましょう。


転職エージェントをうまく活用できていますか?

良質な求人情報を得られる、応募書類や面接対策のサポートを受けられる、年収交渉を代行してもらえるなど、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

しかし担当者と相性が合わない、希望条件にマッチする求人を紹介してもらえないなど、なんだかイマイチだな~と感じてる人も多いのではないでしょうか?

エージェント5社を利用して転職活動を1ヶ月で終わらせた私が、本当に役に立つ転職エージェントの選び方を解説します。

転職エージェント

転職活動をはじめるなら必ず登録すべき転職エージェント厳選5社